研究室概要

Image

宇宙最初の星や銀河の誕生,それらが放つ光の特性,銀河や銀河団の形成進化,ブラックホールの形成進化と銀河中心核活動,そして星・惑星系形成などについて基礎物理学から理解することを目指しています。研究の特色は,輻射輸送方程式や相対論的輻射流体力学方程式を扱うことにより,物質と光の相互作用を忠実に採入れていることと,多成分多体から成る天体の形成進化においてお互いの重力の相互作用を忠実に採入れていることです。研究手法としては,解析的研究やコンピュータでの演算を始めとして,計算科学研究センターのスーパーコンピュータを利用した大規模数値シミュレーションを用いています。

特集記事

Diffuse Photonを考慮した3次元輻射輸送計算on GPUs(Part 1)

Image

内容 星間空間,銀河形成や進化,宇宙の大規模構造などでの物理現象を正確に記述するには,星や星間媒質から 放射される光の影響を計算する輻射輸送方程式を厳密に解く必要がある。 星からの光は中性ガスに吸収され減衰していくだけであるが,紫外線以上のエネルギーを受け取った中性ガスは電離し, 電離ガスである確率で電子と再結合をして中性ガスに戻り,その際に再結合光子という電離光子を放射するので 新たな光源になり周囲に影響を及ぼすため無視することはできない。 我々の研究ではこの電離光子の影響を調べるた...

Image

Molecular abundances in nearby galaxies (NGC 1068, NGC 253, and IC 342)

高野 秀路 氏

近傍の有名銀河NGC 1068、NGC 253、およびIC 342について、その分子組成を野 辺山45m電波望遠鏡で調べた結果を紹介します。NGC 1068は、active galactic nucleus (AGN)を持ち、45m望遠鏡の(単一望遠鏡としては)高い空間分解能を用 いることで、AGNに特有と思われる分子組成を明らかにしました。NGC 1068につ いては、その後、アルマ望遠鏡でさらに高空間分解能で観測を進め、分子の多様 な分布を明らかにしました。現在進行中のpreliminaryな結果も併せて紹介します。 ...

image

宇宙物理理論・宇宙物理観測合同新歓BBQ

5月3日に宇宙理論・宇宙観測の合同新歓バーベキューを開催しました。 研究室に新たに加わる学類4年生やスタッフの方を含めた理論・観測研究室の 親睦を深める目的で開催され,...

image

第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会「いばらき総文2014」新聞部門インタビュー

2014年7月28日,第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会「いばらき総文2014」の新聞部門の方によるインタビューを小松勇さん(博士後期課程3年)が受けました。 ...

image

日本学術振興会 特別研究員 平成26年度採用報告

左から右へ:桐原 崇亘,小松 勇,鈴木 裕行 このたびは,宇宙物理理論研究室の小松勇さん,桐原崇亘さん,鈴木裕行さんの3名が学振特別研究員に採用されました。 小...

全ての記事
image

Computing the Universe: from Intergalactic to Interstellar Medium

This talk will highlight some progress made based on our efforts of computing the uni...

image

Probing dust aggregate structure in protoplanetary disks by millimeter-wave polarization

Dust coagulation in protoplanetary disks is the first step of planetesimal formation...

image

輻射フィードバック下での初代星連星形成シミュレーション

ビッグバン後に宇宙で最初の星が形成するまでの過程を明らかにすることは,現代理論宇宙物理学における大きな目標の一つである。これまで初代星形成についての研究は精力的に進められ...

image

ALMA 望遠鏡で探る超遠方銀河の性質

電波干渉系 ALMA の登場によって、宇宙再電離時代 (宇宙年齢がおそよ2-10億年) にある銀河の研究は新時代を拓いた。サブミリ波帯に赤方偏移した遠赤外の微細構造輝線 ...

全ての記事
image

原始銀河内での種ブラックホールの超臨界成長

近年の観測により赤方偏移z~7の初期宇宙において太陽の数億倍の質量を持つ超巨大ブラックホールがすでに存在していることが明らかになっている。そのような初期宇宙における超巨...

image

赤方偏移3の宇宙網における銀河形成研究の現在地

冷たい暗黒物質に基づく構造形成モデルでは,暗黒物質やバリオンは重力進化の結果として宇宙網(Cosmic Web)と呼ばれる蜘蛛の巣状のネットワーク構造を成していると考え...

image

Formation of multiple Pop III stars under radiation feedback

Population III (Pop III) stars, forming as the first generation objects in the histo...

image

「最遠方」シリーズと今後の研究展望

宇宙再電離と銀河形成について,すばるやアルマなどを用いて研究を進めている。最近,「最遠方〇〇」というプレスリリースを連続して行なうことができた。すなわち,最遠方酸素(2...

全ての記事
image

天体形成研究会2019

この研究会は,広い視点で天体の形成に関わる理論的研究と観測の現状についての情報の共有と意見交換を行う機会を設けるものです。 また,本研究室内で学位論文を控えている学生の...

image

銀河・銀河間ガス研究会2019

8月5−9日の日程で北見工業大学にて "銀河・銀河間ガス研究会2019" を開催します。 本研究会は,理論観測問わず,銀河形成,IGM・CGM,宇宙再電離,巨大ブラック...

image

「超巨大ブラックホール研究推進連絡会」第6回ワークショップ

2013年,超巨大ブラックホール研究の各種情報交換を行うためのコンソーシアム として,「超巨大ブラックホール研究推進連絡会」Supermassive Black Hol...

全ての記事
Image
詳しく読む

Discrimination of heavy elements originating from Pop III stars in z = 3 intergalactic medium

Image
詳しく読む

Spiral-arm instability - III. Fragmentation of primordial protostellar discs

Image
詳しく読む

The thermal-radiative wind in low-mass X-ray binary H1743-322: radiation hydrodynamic simulations

Image
詳しく読む

First Identification of 10 kpc [C II] 158 \ensuremathμm Halos around Star-forming Galaxies at z = 5─7

Image
詳しく読む

Searching for signs of jet-driven negative feedback in the nearby radio galaxy UGC 05771

Image
詳しく読む

Abundant Refractory Sulfur in Protoplanetary Disks