開催趣旨

計算科学の中心課題である大自由度且つ非線型な系の数値的研究の発展には、超並列計算機に代表される計算力の進歩と並び、その計算力を有効に利用して効率良く計算を実行する計算アルゴリズムの開発と進歩が重要な役割を果たしています。

本ワークショップは、未来開拓事業「計算科学」分野の各プロジェクトにおけるアルゴリズム開発の最新の成果の報告を中心として、これに関連する研究グループからの講演を加えて構成され、計算科学の重要テーマにおけるアルゴリズムの共通点や問題点の検討を行って、アルゴリズム面からの計算科学の今後の発展の方向を探ろうとするも のです。

計算科学におけるアルゴリズムの問題に関心をお持ちの方の参加を 歓迎致します。